ENGLISH

サイトマップ

文字サイズ

メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 利用案内
  3. 図書館サービス

図書館サービス

コピーサービス

  • 館内の資料に限りコピーできます。
  • コピーは著作権法第31条に基づき提供しています。
  • ご利用の際は申請書に記入が必要ですので、カウンターへお申し出ください。
  • コピー料金は実費です。なお、カラーコピーはできません。

次のものは複写できません。

  1. 当市立図書館以外の資料
  2. 当日の新聞、最新号の雑誌
  3. 営利目的
  4. 1著作物の半分以上
  5. 1部分を2部以上
  6. 『ゼンリン住宅地図』の複写について
    株式会社ゼンリンは住宅地図を各区割り図(見開き2ページ)でひとつの著作物としています。
    朝霞市立図書館では、同社からの申し入れにより、以下のとおり取り扱います。
    (1)複写目的が利用者個人の調査研究である場合に限ります(業務用は複写できません)
    (2)複写できる範囲は、区割り図(見開き2ページ)の半分まで。
    (3)複写申請書は区割り図ごとに記入して下さい。

座席の利用

図書館の座席は、調べものや読書などで当館の資料を利用する方のためにご用意しています。
自習目的の座席利用はご遠慮ください。

キャレルデスク(スタンド付き座席)(注釈)本館のみ

キャレルデスクは、調べものや読書などで当館の資料をご利用する方のための席です。
一部を除き、座席の利用時間が指定されています。利用カードをご用意のうえ、カウンターにてお申込みください。
社会人の方向けには、一般コーナーに12席あります。18歳以下の学生・児童向けには、調べものコーナーに6席あります。

視聴コーナーを利用するには(注釈)本館のみ

利用カードをご用意のうえ、カウンターにてお申込みください。
利用カードと引換えにヘッドフォンをお貸しします。
満席の場合は当日に限り予約できますが、時間の指定はできません。ご利用は1日1回に限ります。

現在、新型コロナウイルス対策のため利用を停止しています。

インターネット端末を利用するには(注釈)本館のみ

利用方法

レファレンスカウンター(コピー機奥)で図書館利用カードを提出してください。

現在、新型コロナウイルス対策のため利用可能席数を減らしています。

利用時間

  • 一日一人1回、60分以内
  • 時間指定はできません
  • 延長はできません

(注釈)この端末で利用できるのは、インターネット上の無料サイト、および図書館が契約するオンライン・データベース(朝日新聞クロスサーチ)です。

禁止事項

以下は、禁止とします。あらかじめご了承ください。

  • 営利を目的としてた利用
  • 法令に反する、又は違反するおそれのある行為
  • 著作権を侵害する行為
  • 他人のプライバシーを侵害し、又は侵害するおそれのある行為
  • インターネット上の無料サイト、および図書館が契約するオンライン・データベース以外の情報の閲覧
  • 電子メールの送受信、掲示版等への投稿、チャット、ゲーム等の発信行為及び有料サイトの閲覧、物品等の売買行為
  • 画像、ソフトウェア等のダウンロード、アップロード及びインストール
  • ワープロ機能利用等インターネット機能を使用しない利用
  • オペレーティング・システムその他端末に搭載している各種ソフトの改変及び各種設定の変更
  • CD-ROM等の記憶媒体の使用及び持込み機器の接続
  • 端末画面の撮影
  • 図書館が許諾を得た他の図書館等からのインターネット等による資料提供サービス、契約データベース等以外のサイトの複写
    (注釈)オンライン・データベースの画面を印刷したい場合は、カウンターへお申し出ください(1枚10円かかります)
  • 閲覧に際し年齢制限を設けているサイト及び埼玉県青少年健全育成条例第11条に該当する有害情報を有するサイトの閲覧
  • 他の利用者への迷惑となる操作

図書館の利用に障害のある方へ(注釈)本館のみ

  • 図書館に来られない方のために、郵送による貸出制度があります。
    また、点字図書・録音図書・布絵本・大活字本・LLブックの貸出を行っています。
  • 目の不自由な方には、対面朗読サービスを行っていますので、ご利用ください。

団体貸出

市内に所在する学校・事業所・サークルなどは、団体貸出を利用することができます。

本館

1団体、300冊(うち紙芝居は20組まで)3か月まで

分館

1団体、100冊(うち紙芝居は10組まで)3か月まで

  • 利用するには団体登録が必要です。(有効期間は、当該年度の3月31日までです。)
  • 資料は借りたところへお返しください。
  • 詳しくは職員におたずねください。
    (注釈)貸出の資料に予約が入った場合は、返却期限内であっても資料の返却をお願いすることがあります。

部屋の利用(注釈)本館のみ

利用可能部屋

展示集会室、読書活動支援室、視聴覚室

利用可能団体

ご利用いただける団体は、次のいずれかに該当する団体です。

  1. 家庭文庫、地域文庫または読書会その他地域の図書館活動、読書活動支援に関わる団体
  2. 営利を目的とせず、来館者に無料で公開できる催しを行う市内の団体
    ※打ち合わせや会議、図書館活動や読書活動以外の継続的な活動目的では利用できません。
  3. 国及び地方公共団体

利用可能日

図書館の開館日。ただし、展示集会室を展示室以外で使用する場合は土日、祝日の使用はできません。

利用可能期間・時間

視聴覚室と読書活動支援室は1日

展示集会室

集会等に利用の場合は1日、展示に使用の場合は7日以内

午前の部/午前9時30分から午後0時30分

午後の部/午後1時から午後5時

全日の部/午前9時30分から午後5時

利用回数

利用条件1.の団体は1か月に2回まで。2.の団体は1か月に1回まで。

申込方法

利用希望日の属する月の2か月前の1日から電話または直接カウンターで予約できます。予約されてから速やかに申請書を提出してください。

禁止行為

以下は、禁止とします。予めご了承ください。

  • 飲食、飲酒、喫煙(健康維持のため、フタ付き容器による水分補給は除く)
  • 観覧費・参加費・資料費等の徴収、および物品販売・カンパ・募金・寄付などあらゆる名目におけるすべての金銭授受
  • 政治活動・宗教活動に係る内容(特定の個人や団体・思想等を称賛または非難する内容を含む)の催事・展示の実施、資料等の配布、および署名活動など
  • 図書館利用者への迷惑となる行為および図書館運営の支障となる行為
  • 室内の壁、ガラス窓へのポスター、チラシ等の掲示

守っていただけない場合、利用の中止および以後の利用をお断りする場合があります。

使用備品等、詳しくはカウンターでおたずねください。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

  • インターネット閲覧用端末を使用して、国立国会図書館デジタル化資料送信サービスをご利用いただけます。
  • 国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料を図書館内で閲覧・複写できるサービスです。
  • 利用できるのは、朝霞市立図書館に利用登録されている方に限ります。
  • 受付はレファレンスカウンターで行います。     
  • ご利用は、1日につき1人1回60分までとし、延長はできません。
  • 複写できるのは、公開範囲が「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」である資料のみで、著作権法の範囲内での複写となります。複写は職員が行います。お申し出ください。用紙の規格はA4白黒のみで、1枚10円です。

ページのトップへ